海外FXの特徴とは

最近では国内だけでなく海外のFX業者を利用するトレーダーが増え、副業としてスキマ時間に稼ぐ方法として注目されています。
お金を稼ぐためにはパソコンやスマホがあれば時間や場所を気にせずにでき、FXは短時間で大きな利益を得ることが可能です。

国内の業者はレバレッジが最大で25倍と物足りないですが、海外では1000倍になることもあります。
また、取引方式はNDD方式で約定率やスピードが早く、価格変動でロスカットが間に合わず口座残高不足になっても追加証拠金を請求されなくて安心です。

そのほか、新規口座開設や入金でボーナスがもらえ、有効証拠金として使えます。このため、メリットだけあるように感じますが、実際には多くのデメリットもありきちんと理解することが大事です。

まずは通貨ペアごとのスプレッドが広く、取引コストが高くなります。次に、金融ライセンスがなければ詐欺の被害にあいやすく、せっかく利益が出ても出金を拒否されるループにハマることも多いです。

また、日本語が通じない業者が多く、資金管理は信託保全ではなく分別保管が多く倒産するとそのまま失うことになります。
このため、海外FXをするときはメリットだけでなくデメリットもあり、事前にきちんと理解して自己責任で始めることが大事です。

メリットをうまく活用しよう

海外FXをするときはメリットをどのように活用するかが勝負の決め手になり、それぞれのサービス内容を比較することが大事です。
メリットといえば【追証なしのゼロカットシステム】があり、口座残高不足を気にせずに高いレバレッジをかけてトレードができます。

レバレッジは高くすると少ない資金でも一獲千金を狙えることになり、大きな利益を実現したい場合にも最適です。
しかし、海外の業者は利益が大きくなると税率が上がりやすく、逆に損をすることもあります。また、口コミを参考にすると業者の選び方やトレードの仕方を研究でき、自分にあった方法を探すと便利です。

詐欺の被害にあわないようにするためには口コミや評判を確かめ、きちんと損切りができるようにしないといけません。
また、副業としてする場合は確定申告が必要になり、手続きの流れを確かめることが大事です。

申告は経費がかかれば課税対象所得から控除され、損失があれば課税される金額から減らせます。また、新規口座開設でもボーナスがもらえるため未入金でトレードを経験でき、最適なスタイルを探せばスキマ時間に副業としてできて便利です。